振り込め詐欺のドン大山多賀男とカリスマ経営者・鎌田和彦の関係

(敬天新聞5月号)

鎌田の裏組織

人材派遣大手のインテリジェンスを、USENの宇野康秀と上場させた共同創業者であるとして知られている鎌田和彦に纏わる投書が送られてきた。鎌田は、社団法人日本人材派遣業協会の会長まで務め、人材派遣業のカリスマとまで言われている人物だ。

しかし、寄せられた情報は、そんな表の顔とは裏腹に、詐欺収益に手を染めるカリスマ経営者として告発する内容である。

鎌田は現在インテリジェンスの社長を退任し、アートクラフトサイエンスという不動産会社やパン屋やフランス料理店を経営し、人材派遣業から引退したとされている。

ところが鎌田の所には、今でも水面下で人材派遣業のM&A案件が舞い込んでくるらしい。

鎌田自身は、人材派遣業には興味がないと吹聴しているらしいが、実際には持ち込まれた案件のうち、儲かりそうな案件があれば、「鎌田チーム」と言われる子飼いのマネジメントチームを組織し、自らは表に出ず株式だけ保有し、実質経営者として、君臨しているようである。

その一つが「アビリティ」という人材派遣会社である。

当紙質問状に対する鎌田の回答


鎌田の企み

このアビリティは、工場に技術者を派遣する会社であるらしいのだが、そもそもこの会社は、別の人材派遣会社の不満分子を集め、新たに事業拡大しようという話が鎌田の所に来たところから始まったという。

そこで一儲けを企んだ鎌田は、シルバー精工の役員として手形乱発に絡み、LCAホールディングスの役員でもあった、自身の先輩にあたる野崎勝弘に相談し、そのスポンサー探しを依頼した。

この野崎は過去に当紙でも叩いたことのある男である。この野崎が何と、「振り込め詐欺のドン」と言われた大山多賀男の参謀役だったと言うのだ。

野崎は、ボスである大山にアビリティのスポンサーを依頼し、実際に鎌田と大山を引き合わせ、大山は、鎌田の面前で、アビリティのスポンサー就任を承諾したしたという。現に野崎も一時期役員(代表取締役)に名を連ねている。

レピュテーションリスク(風評)を極端に恐れる性格とされる鎌田であるが、表のカリスマ経営者としての爽やかなイメージとは別に、裏では「振り込め詐欺のドン」として当局、マスコミにも注目された大山多賀男の「巨額詐欺マネー」に手を染め、マネジメントは子分にやらせ、自分は株主として君臨するという、トンデモ輩なのである。

別会社の裏切り不満分子を横取りし、振り込め詐欺という組織犯罪収益の金で経営し、自らは表に出ないで株主利益を享受する不義理極まりない本当の鎌田は、カリスマ経営者としてマスコミに出演する「表」の鎌田からは、ほど遠いのである。


質問状の返事

当紙では、一応これら情報を記事にする前に事実かどうかを確認すべく質問状を送っている。ところが、「赤坂警察署の指導により返送します」という返事と共に、質問状が返って来た。

相談するのは、誰に相談しようと構わない。返事をするかしないかも、本人の自由である。こちらは投書にあるように、大山多賀男が詐欺で集めた金がそちらに流れたかどうかを、問うているだけだ。

もし大山多賀男から、金を借りたのであれば、被害者に返すべき金ではありませんか?と言うことである。ところが何を勘違いしたのか、「赤坂警察署の指導により返送します」だって。本当に、質問状を見せて相談したのかな?内容は言わずに「敬天新聞から質問状が来たけど、どうしたらいいでしょうか?」と尋ねただけじゃないのか?それで、「そういう質問は、答えれば答えたでまた揚げ足を取ってくるから、放っておいたがいいよ」とでも言われたのかな?相談に行ったことも疑わしい?赤坂警察署の現役の警察官ではなく、元赤坂警察署の警察官じゃないのかな?

なぜそう思うかと言えば、九府県警合同捜査本部ができるほどの悪質な大山多賀男による組織的詐欺事件の解明がなされていて、関連性を疑われ、まだ口座が凍結されたままの会社の陰のオーナーとしての疑いがある、ということで質問状を出したわけだから、全く無関係なら堂々と「そのような事実は、一切ありません」と本人でも、代理人弁護士でも回答すればいいだけの話であるからだ。

当紙としては、赤坂署の誰に相談したのか教えてくれれば、こちらから訪ねて行って「事情を知ってて指導したのですか?」と尋ねてみたいくらいだ。まあ、こちらの質問も端折って聞いてるところもあるから、「的を射てない」と勘違いしたのかもしれないな。大山多賀男の弟を通じて金を借りたのか?とか、大山の事件が発覚したら直ぐ役員変更したのはなぜか?とか、事件発覚後に野崎勝弘(元シルバー精工取締役・元LCAホールディングス取締役)立会いの下、大山弟が持っていた全株式を500万円で買い取ったのか?とか、大山多賀男から7000万円を注入された会社を500万円で買収したのは乗っ取りではないのか?というように、詳しく書いた方が良かったかもしれないなー。(二面につづく)

敬天ブログ敬天新聞社ホームページ敬天千里眼不正疑惑(評判・噂)告発